peepow NEWアルバム”Delete Cipy”より
PV「SUNDANCE feat.K BOMB」が公開されました



peepow_photo青葉市子とのユニットNUUAMMでも話題のマヒトゥ・ザ・ピーポーがpeepowとしてBLACK SMOKERRECORDSからファーストアルバムをドロップ!
トラックメイカーにはSTONES THROWのサブレーベルLEAVING RECORDSからのリリースも話題のBUN、SKILLKILLSの頭脳:GURUCONNECT、高田音楽製作所からWATTER、自らがボーカルを務めるGEZAN、そしてラップでも3曲参加の奇才KILLER-BONG。
既成概念をひっくり返す過激さと繊細さを行き来する驚愕の13曲!4/22発売


■■■■■■■ COMMENT ■■■■■■■■

若くして世捨て人の風格を持っているマヒトゥ・ザ・ピーポーが、生まれながらに世捨て人であるKボンと一緒にラップのアルバムを作るというのは、おそろしい冗談だ。むちゃくちゃである。ふざけたアルバムで、そして、このぐらいふざけよーぜ、と私は言いたい。彼もがおりこーさんのこの時代、必要なのは、このアルバムのような突き抜けた精神でしょう。 参加したトラックメイカーも最高。BUN、WATTER、URUCONNECT……マヒトゥとGEZANも音作りに加わって、実にいかれたアルバムが誕生した。
(野田 努)

対バンしたときに下山にやられました。ラップとはこりゃまた気になりますね
(5lack)

いたたまれないほどの静けさを知っている、だから、日々絶えず降りそそぐノイズをからだ中カッピロげて聴くんだろう。軽やかに飛びつづけているけれど、着地点には欠かさず、それぞれにたいせつを置いて、宝物をひとつ見つけてはまた飛び立っていく、繰り返しの中のひとつ。彼のみている望遠鏡は、たぶん、果てがある。たどり着くまでの速度もわかっている。だからこその遠回り、まわり道、寄り道、なのだろうな、と。容赦なく遊んで、退屈という言葉は、どこにも居場所を無くすような息のしかたを、これからも、健やかに。
(青葉市子)

狂気の筈なのに生活に普通に溶け込んで来た感覚 (OMSB)

■■■■■■■■■■■■■■■